カンジダについて、詳しくお話していきます

何が原因かを探る

white pills

カンジダという病気があります。これはカビが原因となっているので、感染力があります。したがって根本的にしっかりと治療を行う必要があります。実際に病院ではどのような治療が行われているのかというと、性器カンジダ症といわれるものでは、女性の場合治療薬として膣錠や軟膏や経口錠やクリームが使われるようになっています。膣錠に関しては膣の深いところに挿入して、イミダール系の外用薬を塗るというようになっています。これで約1週間治療を続けるようになっています。この治療法で効果が得られない場合は、追加で治療が行われたり、別の原因がないか検査が行われるようになっています。男性の場合は性器を清潔に保ちます。女性と同じようにクリームが使われますが、女性に比べると感染率は低くなっています。

カンジダは非常に強い痒みを発症するようになっているので、我慢をせずに病院を受診する必要があります。一般的なカンジダの治療に関しては、性器に発症した場合、膣の洗浄や膣錠の挿入や外部に塗り薬を塗るというようなことが行われています。検査や診察費に関してはどこの病院でもそれほど大きな違いはなく、2000円程度となっています。治療費が一番安い人で1000円程度となっており、高い人では1万円を超えるというようなこともあります。カンジダの治療に関しては、保険適用となっているので、3割負担で済みます。しかし最初から大きな総合病院を受診すると、特定療養費制度によって高額請求される可能性があるので注意が必要となります。